看護師が転職や就職に強い理由

NO IMAGE


看護師は看護師国家資格という専門的な資格を持ったスペシャリストです。看護師の仕事は看護師免許を持つものしかできないため、病院などでは看護師の求人が多く出ています。

看護師のニーズは高い

病院だけでなく、小規模なクリニック、介護施設、公共機関、企業などでも看護師のニーズは高いため、よほどの僻地でもない限り看護師が職につけないということはありません。非常に求人の多い職種といえます。

看護師が転職に強いは、看護師の求人がとても多いからです。看護師の求人が非常に多いのは、看護師のニーズがたくさんあるからです。ではなぜこんなに看護師のニーズが強いのでしょうか。それは看護師は看護師しかできない業務独占資格であるからです。

医師の指示のもと、採血をしたり医療行為の補助ができるのは看護師ならではです。看護師はこうした行為を医師の指示のもと行うことが許されている職業なのです。また看護師は予防医学や健康管理にもその知識や経験を生かすことができます。ですから病院だけではなく、公共機関や企業でも引く手あまたの職種となっているのです。

看護師の給与は高い

看護師は国家資格であり、看護師にしかできない仕事があるために、非常にニーズが強い職種です。そのため看護師を確保するために、病院は様々な対策を行っています。その一つが看護師の給与面での待遇アップです。

大きな病院などは、入院患者に対して看護師が何人いるかで診療報酬が変わり、病院の収入が大きく左右されるため、看護師の数を確保することが経営上非常に重要な要素となっています。そのため高い給料払ってでも看護師を確保しておきたく、看護師の給料は高い傾向があります。診療報酬という観点以外にも、単純に看護師がいなければ病院の業務が回せなくなるため、やはり看護師をたくさん確保しておく必要があります。多くの人を集めるために、看護師の給与は高くなる傾向があります。

一般的な女性の平均年収が300万円から400万円くらいであるのに対して、看護師の平均年収は400万円から500万円。経験やスキルによっても異なりますが、600万円以上の求人が出ている場合もあります。女性がしっかりした収入を得て自立した生活をするには、看護師のような収入の高い仕事が魅力的であると言えます。

ただ、確かに収入面では一般的な女性の平均年収よりも高い傾向がありますが、そのぶん拘束時間が長くなったり、業務の量が多く責任も重大であったりしますので、給与に見合っているかという面では十分とは言えない場合もあるでしょう。

しかし、看護師の多くは給与の多さよりも、仕事のやりがいや患者からのありがとうという言葉を励みに頑張っている人も多いため、看護師の仕事を給与面だけで考察するのは適切とは言えません。

看護師の仕事がなくならない

少子高齢化社会となり。看護師の仕事はこの先もずっとなくなることはないでしょう。AIやロボットがこの先発展していくという未来が予想されていますが、看護師のスキルや経験、対人折衝、臨機応変な様々な業務をこなす知性や判断力は、AIやロボットでは到底太刀打ちすることができません。

ある部分に特化したところでは、AIやロボットに置き換わることはあるかもしれません。ただ看護師の仕事がなくなるということは考えにくいと思います。AIやロボットはある程度決まった範囲の、決まったことを繰り返し、正確にミスなく実行することは得意です。そういう意味では単純作業や決まりきった仕事を、AIロボットに置き換えることは医療ミスを防いだり、看護師の業務を軽減する上では非常に有効であると考えられます。

ですが、看護師の業務は非常に多岐にわたり、患者毎にケースバイケースの対応が求められるため、そう簡単にAIやロボットで置き換えることは難しいと言えます。

また看護師の業務は看護師にしかできない業務独占資格となっているため、他の職種が看護師に置き換わるようなこともできません。看護師の仕事は看護師にしかできないのです。

看護師の仕事が増えている

看護師の仕事は非常に増えています。その理由はやはり少子高齢化が起因していると考えられます。働く世代の人数がどんどん減っていく中、お年寄りの人数はどんどん増えていきます。当然看護を必要とするお年寄りも増えていくため、看護師が行わなければいけない仕事量は増えていると考えられます。

ですが看護師は離職が多く定着率が低い傾向がありますので、十分な看護師が確保できていないということがあります。業務量が増え、人手が足りないということになると、一人当たりの看護師の仕事は当然ながら増えてしまいます。看護師は患者の対応のみならず、患者の家族への対応、医師のサポート、他の看護師や理学療法士、臨床検査技師と言った病院内の専門スタッフとの連携など、様々な調整や折衝を行いながら業務を行っています。

より良い看護をしよう手厚い看護をしようと考えれば考えるほど、当然ながら業務量が増えていくことは容易に想像できます。患者のためにと頑張れば頑張るほど、看護師の仕事量は増えていくことでしょう。

業務の効率化を推進することを大切ですが、やはり十分な看護師が確保できることは最も重要になってくるといえます。ますます増えていく看護師の業務量を減らす努力と看護師自体を増やす努力の両方が必要になってくると言えます。

看護師の数が不足している

看護師の数は不足していると言えます。常に看護師の求人が溢れ、どこの病院も人手が足りず、現場の看護師は忙しさに追われています。しかし看護師免許を持つ人はかなり多く存在します。なのになぜ看護師は不足しているのでしょうか?

その理由は看護師免許を持っていても、様々な理由で現場を離れている看護師が多く存在するからです。結婚や出産、育児や介護など、女性のライフスタイルはその時々によって大きく変化します。その一方で看護師は非常に忙しく、スケジュールの調整が難しい仕事と言えます。その中で仕事とプライベートの両立だ難しくなってしまうと、どうしても仕事が続けられないという状態に陥ると考えられます。

また仕事の大変さや体力の限界などで現場を離れる看護師もいるでしょう。忙しさや責任の重大さに対して給与が見合わないと考える場合もあるかもしれません。こうした理由から看護師免許を持っていても、現場で働くことができない看護師も多く存在すると考えられます。

看護師不足を解消するために、毎年多くの新人の看護師が看護専門学校や看護大学から輩出されていきます。しかし新人の看護師が一人前の仕事をするには、現場でさらに様々な経験やスキルを積み重ねる必要があるため、すぐにベテラン看護師のように即戦力として働くことは難しいです。

看護師不足を解消するには、これ以上の離職を防ぐこと、新人の看護師を毎年増やしていくことのほかに、看護師免許を持っているにも関わらず、様々な理由で働くことができない看護師に現場に復帰してもらうことがとても大切といえます。

看護師不足を解消するために

看護師不足を解消するためには、まず現役の看護師の処遇を改善することやそれぞれの看護師の経験やスキルにあった最適な職場にマッチングしていくことが大事です。人手が不足しているために専門外の業務や本来看護師がやらなくてもいい仕事まで看護師が行なっていることもあるでしょう。そういったミスマッチをなくすために人材の流動化が必要といえます。

看護師不足を解消するためにもう一つ大切なことは、現場を離れている看護師に復帰してもらうことです。経験やスキルに合った最適な職場に、ミスマッチを起こさずに復帰することや家庭と両立できるような働き方を可能にする必要があります。

働きやすさが改善されれば、働きたいという人が増やせます。働きたいという人が増えれば、無理な夜勤やシフトが減らせます。有給休暇も取りやすくなったりします。そうなれば働きたいという人はさらに増え、さらに働きやすさが改善されると言う発展的なスパイラルが実現できます。

看護師の転職サイトには情報がいっぱい

現場の看護師がより働きやすい環境を手に入れるには、ある程度人材が流動化し、それぞれの人に合ったそれぞれの職場にマッチングしていくことが重要です。そのためには看護師転職サイトを使って、自分に合った職場を探していくということも一つの要素と言えます。

看護師転職サイトは様々な病院の様々な求人が、パソコンやスマートフォンで簡単に検索することができるサービスです。気になる病院や求人に問い合わせをしたり、その病院に問い合わせをすることや、書類選考に応募することもできます。

看護師転職サイトは利用も登録も無料です。看護師転職サイトの運営は、病院側からの広告収入で運営されているため、利用者から費用を徴収することなく運営することができるようになっています。今すぐ転職を考えているわけではなくても利用することができるため、情報収集のためにも転職を考えている方は看護師転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

世の中には色々な看護師転職サイトがあるため、看護師転職サイトごとに出ている求人が変わる場合があります。ですから自分に合った求人を見逃すことがないよう、気になる看護師転職サイトがあればいくつか登録しておくことをオススメします。

まとめ

看護師が転職に強い理由を考察してみました。単純に人手が足りていないということもありますので、まったく職につけないということはないでしょう。ですが看護師は専門的なスペシャリストなので、本来ならより自分に合った職場を見つけて、より良い職場環境や労働条件を求めて行くことが可能な職種といえます。強みを活かしてより自分らしく働くために、自分のことをしっかり分析して強烈にPRできるようなプレゼンテーションを考えれば、もっと自分に合った働き方が見つけられるかもしれません。