転職する時期・タイミングはどのくらいが良いか

NO IMAGE

転職するにはどのような時期やタイミングが良いでしょうか。キャリアも勤続年数も長いことに越したことはありませんが、一般的な例で考えてみましょう。

新卒後に転職するなら3年目以降

新卒後に初めて転職に踏み切る場合は、3年以上の経験があることが望ましいと私は考えます。社会人1年未満の場合は、即戦力として活躍できるスキルや経験があまり身についていないまま転職することになります。社会人になって1年未満の場合、どんなにスキルや経験を身につけたつもりでいても、それを転職の際のアピールとして使うことは少し難しいです。なぜなら新人1年目というのは、ベテラン社会人からするとあくまでも研修期間に過ぎず、そこで身につけたものは即戦力として役立てるにはあまりにも経験不足であるからです。

なので転職を新卒で初めて考えるならば、3年以上は期間をおいた方が良いと私は思います。3年間であれば社会人経験としてある程度のキャリアがあるといえますし、仕事の基本や社会人として必要なマナー、困難に打ち勝つタフさも身についているとある程度推測できるからです。その上で自分はどのような経験をして、どのようなキャリアがあって、どのように活躍していたのかをアピールしましょう。

ただし注意も必要です。3年程度のキャリアをまるでその仕事を極めたかのように話してしまうのは、ベテラン社会人からすると非常にスケールが小さい話に感じてしまいます。ですからこれまでの経験をアピールしつつも、それを活かして今後どうしていきたいのか、新しい職場でどう活躍したいのかを、できるだけ詳しくアピールしましょう。

新卒後の間もない転職の場合

やむを得ず3年以内、あるいは新卒後1年未満で転職を決意する場合は、その理由や今後どうしていきたいかを、他人が十分に納得できるような説明ができないと転職にはかなり不利と考えてください。

看護師の場合は求人が多く、転職はそこまで難しいということはないかもしれませんが、どんなことにも打ち勝っていけるような精神的な頼もしさやこれからまだまだ伸びしろがあるというような将来に期待できる人物像が面接官に伝わらない限り、より良い転職ができません。キャリアや勤続年数が短い場合は、そのハンデを埋めてあまりある自己PRをしっかり考えるようにしましょう。

5年以上のキャリアや勤続年数がある場合

5年10年といった一定のキャリアがある場合、できればこの機会に待遇や年収のアップにチャレンジしたいところです。これまでの仕事でどのように働き、どのように貢献してきたのかを具体的に示しましょう。できれば数値やグラフ化できるような形で、プレゼンテーションとして説明ができるようになりましょう。

どこどこ病院で何々をした、どこどこ病院で何々を担当したなどの説明ではいけません。こうしたことは職務経歴書や履歴書に書いてあることですので自己PRにはなりません。そこで何を経験し何を得たのか、そして自分としてこれからどうしていきたいのか、患者さんや職場の仲間たちとどのように発展していきたいのか、このように未来をどこまで見据えて転職を考えているか、希望に溢れるような自己PRを出来るようになりましょう。

転職の合間が短い場合

ある程度のキャリアはあるものの、今の職場の勤続年数がが2年以内の場合、かなり早いタイミングで転職を決意していることになります。やむを得ない事情がある場合はともかく、自己都合での転職の場合、これをしっかり説明しきることが大切です。

今の職場から安易に逃れるための転職であると採用担当に受け取られかねないからです。そのような印象を与えないようにすることが大切です。なぜ転職を決意することになったのか、それを自分としてはどのように感じているのか、今後はどうしていきたいのか。あくまでも逃げや自分の弱さから来るものではなく、仮にそうであったとしても、それを反省として踏まえ、今後どうしていきたいのかをしっかりと説明しなければいけません。

転職はプレゼン力で乗り切ろう

転職というのは非常に大きな労力を使います。何度も何度もチャレンジし、何度も何度も採用が取れないとなると、想像以上の労力を使うことになります。ですから転職活動はなるべく短い方がいいですし、かつ希望通りの転職であることが望ましいです。

そのためにはしっかりしたキャリアをまず身につけておくことが大切ですが、やむを得ず転職のタイミングが早い場合は、その理由をしっかり説明し、自分としてそれをどのように感じ、あるいは反省し、今後どのようにしていきたいのかをしっかりと説明できるようにしておきましょう。

あらかじめ数値化したりグラフ化したりするだけではなく、プレゼンテーション資料としてまとめて、起承転結がしっかりしたストーリー性のある説明ができるようにしましょう。

一問一答式でその場その場での答えを考えていると、ふいに来た質問に答えられなかったり、深く理由を突っ込まれた時にタジタジになったりしてしまいます。しっかりと自分の中で答えを用意して、どんな質問が来ても答えられるようにしておくためにも、ストーリー性のあるプレゼンテーションを考えておくことが大切といえます。

まとめ

転職の時期やタイミングについてお話してきました。十分なキャリアと勤続年数があれば、看護師であれば引く手は数多でしょう。引く手あまたであるからこそ、しっかりと希望の待遇や条件を勝ち取れるようにしていきましょう。

また、キャリアも勤続年数も短い場合は、相当な自己PRが必要になりますので、しっかりと自己分析をして自身をより良く見せられるようにプレゼンテーションスキルを磨いておきましょう。

転職には情報収集が大切です。看護師転職サイトに登録して、いろいろな求人を探してみましょう。看護師転職サイトは登録も利用も無料です。看護師転職サイトはいくつかあり、それぞれに出ている求人も異なる場合があります。複数の看護師転職サイトに登録して、希望する求人を見逃さないようにしましょう!