看護師になるには?どうすれば良いの?

NO IMAGE

看護師は国家資格です。国家資格を取得するには、国家試験に合格しないといけません。国家試験を受けるには、受験資格を満たす必要があります。看護師の受験資格は、看護師を養成する専門学校、大学、短大などに入学し、3年以上学んで必要な単位を取得する必要があります。

3年以上の期間を経たからと言って、学校を卒業と同時に看護師になれるわけではありません。あくまでも学校で得られたのは看護師国家試験受験資格であり、看護師免許ではないのです。看護師国家試験に合格して、はじめて看護師になれるのです。

つまり、高校卒業後に看護師を目指す場合、最低で3年かかるということです。この3年間には、座学だけでなく、非常に多くの実習が伴います。実習は校内での実習だけでなく、主には学校周辺の病院に協力をお願いして、実際の病院で実習を行います。

入院や診察に来ている患者や先輩看護師、医師やほかの医療スタッフともコミュニケーションを取る必要があります。看護師の勉強は座学も非常に多いですが、この実習もとても大切なものであるため、時間も労力も体力も必要な勉強となります。

看護学校での勉強や実習は、ほかの職業を養成する専門学校や学術を学ぶ大学の勉強よりも大変かもしれません。ですが、看護の現場で看護師として働くにはそれ以上の忍耐と努力、体力や精神力が求められるのです。

看護師を目指すということは並大抵の努力や決断ではやりとげることはできません。患者や家族のために、命を守り、生きるための希望や夢を与えられる人でなければいけません。雑用も多いですし、人手も不足しています。ですが、毎年多くの人が看護師養成校に入学し、看護師として世の中にデビューしていきます。これはどうしてでしょうか?

やはり看護師には看護師のやりがいがあるからと言われています。患者の喜ぶ姿やありがとうという言葉、そしてそうした幸せに貢献できているという達成感が多くの看護師を奮い立たせています。時には患者や家族の絶望や人生の終末に立ち会うこともあります。それでも看護師を続けるには、やはり並大抵のプライドでは務まらないですし、大変なこと以上のやりがいがあると思われます。

とはいえ、現実的には看護師は不足していますし、大変な仕事であることは事実です。待遇や働き方を改革し、より多くの看護師が生き生きと働く社会にするために、医療界だけでなく、なによりお世話になる患者側の意識改革や健康管理も必要です。

社会保障費や医療のリソースは有限であり枯渇しています。社会全体で医療や看護、介護や保育をもっと真剣にグローバルに見直す必要があります。

そのために、希望を胸にして、新たに看護師を目指す方や、転職をする看護師、復職する看護師を増やす必要があります。看護師を増やしていくことは大変なことです。3年も勉強して、それ以上に現場での修練が必要です。看護師免許を持っていながら、さまざまな理由で現場で働けていない看護師も多くいます。潜在看護師といわれていますが、潜在看護師は実戦経験が豊富で、復帰すれば即戦力で働ける人が多く含まれます。

看護師になるために必要な対策も欠かせませんが、すでに看護師として働いている方の環境や待遇を改善して、もっと多くの看護師が看護師として活躍できるようにしていく必要があります。

看護師を目指す為には、まず看護師を育成する専門校への入学が必要です。高校を卒業して学ぶ場合は、看護短期大学や看護師学校、又は養成所には3年制の看護専門学校、4年制の看護大学があります。4年制の看護大学や医療専門学校の看護学科では、保健士や助産婦の受験資格も同時に得られる為、どこで学ぶかは入学前にしっかりと調べておく事が大切です。現在、看護師の国家試験合格率は90%以上となっていますが、そこにはしっかり勉強をしての条件がありますので決して安易に考えてはいけません。

看護師になるには、国が定めた看護学校(看護大学・短大・正看学校・准看学校)の看護師養成課程で基礎看護教育を受けた上で国家試験等の資格試験に合格し、看護師免許を有している必要があります。

高校卒業後、法律で定められた養成施設で3年以上勉強して国家試験に合格して看護師になるコース、4年制の看護大学に通って試験を受けるコースの他、まずは准看護師になって働き指定の学校に通い国家試験受験資格を得て正看護師になるコースなど、様々な手段で目指す事が可能なため転職先としても人気です。

看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上で特定の看護分野において、熟練した看護知識と技術を持つ看護師は日本看護協会に「専門看護師」「認定看護師」として認可されます。