看護師の転職に必要な履歴書や職務経歴書に書くことについて

2019年7月9日

看護師の転職に必要な履歴書や職務経歴書に書くことについて

私は看護師ではありませんが、民間企業で多くの人を書類選考したり、面接をしてきました。採用担当は多くの方に接しています。すべての人と面接しているわけではなく、応募があった方の中から、良さそうな人を面接に呼ぶわけです。

ですから、書類選考で落ちないようにすることが、転職を成功させるひとつのポイントであると言えるわけです。

どんなにあなたが素晴らしい人物でも、どこでも通用するキャリアやスキルをお持ちでも、書類選考で落ちてしまう履歴書や職務経歴書を作成しているようでは転職がいつまでたってもうまくいきません。

履歴書と職務経歴書は、あなたの代わりにあなたをPRする大切なツールであると心得ましょう。そして、あなたをより良くアピールするためのコツや考え方をご紹介していきます。

ただし、履歴書や職務経歴書はあなたのことを証明する書類といっても過言ではありませんので、ウソはもちろんいけません。過度であったり、信頼性にかける表現もNGとなります。

履歴書とは?

そもそも履歴書とは何のためにあるのでしょうか?一般的な履歴書を例に考えていきます。

まずはあなたの名前、住所、電話番号、学歴・職歴を記載する左側のページがあります。こちらはあなたのパーソナル情報やこれまでの経歴を表現するものなので、ありのままに記載しなければいけません。

転職回数が多いとか、在職期間が短い場合、書類選考で不利になるケースが考えられます。ただ、こうした情報はごまかすことはできませんので、ありのままに記載していきましょう。転職回数が多かったり、在職期間が短くても、それなりの説明ができれば大丈夫です。

重要なのは右側のページです。履歴書のフォーマットにもよりますが、志望動機や長所短所、希望条件、趣味特技などが一般的ですね。右側のページはあなたをPRする大切な情報となります。ここが書類選考で受かるか落ちるかの大きな分かれ目になってきますので、しっかりと記入していきたいところです。

志望動機の欄

まずは志望動機。なぜこの病院やクリニックへの転職を希望するのかを記載します。あなたが転職を決意する経緯や、転職したうえで何がしたいのか、ここが書類選考でも特に大事なポイントとなります。誰にでも書けるような表面的な志望動機ではいけません。

もう一つポイントとして志望動機の記入欄は、記入エリアにできるだけめいっぱい書くようにしましょう。下半分や右半分の多くが余白になっていては消極的な印象を与えますし、情報量が少なくなります。字が大きすぎるのも雑な印象になりますし、情報量が少なくなります。字が細かすぎるのも、読みづらいし、情報が多すぎて要点がわかりにくくなります。

志望動機は採用担当者がもっとも関心のある部分となります。なぜ志望するのかを浅く考えていてはいけません。なぜ志望するのかを論理的かつ明確に説明し、採用されたあかつきにはどのような働きをして、患者さんや病院に貢献をしたいのか、前向きで希望と自信に満ちた表現をしていきましょう。

履歴書はあなたの履歴を書く書類ではありません。『あなたを採用しなければならない理由を、採用担当者にあなたが強烈にアピールする書類』なのです。ありのままのことを、工夫も狙いもなく書いていてはだめなのです。

看護師は売り手市場です。看護師免許は素晴らしいライセンスです。選り好みしなければ職にありつけないということはないかもしれません。ですが、より良い職場やより条件の良い待遇、自分をさらにスキルアップできる環境を求めるならば、当然ライバルが多くなりますし、採用側の見る目もシビアになります。そのため、あなたのことをより良くアピールする必要があるわけです。

履歴書の趣味特技の欄

趣味特技についてもきちんと記載しましょう。『特になし』は絶対NGです。『読書』や『旅行』など単語での記載もNGです。採用担当者はあなたの人柄を書類や面接で見極めようとします。あなたのパーソナル情報はとても大切な情報源です。面接の際には趣味特技の欄で話を広げてあなたの人柄を探りたいと思うものです。ですから、ここについても詳しく記載して、自分をアピールしなければいけないのです。

あまり趣味がなく『読書』と書くのであれば、どんな本を読むのか、なぜそういう本が好きなのか、本を読むことでどんなことが得られたのかなどを記載すると良いでしょう。

旅行なのであれば、どこにいくのか、どういうところが良かったのか、なにを感じるのかなど、旅行の良さや旅行で得られたメリットなどを書きましょう。

趣味や特技はあなたのことを知ってもらうきっかけを作る絶好のチャンスなのです。特になしや一言で済ませることなく、自分のことをいろいろとPRしましょう!

希望条件

希望条件と言っても細かい要求をいろいろ書いてはいけません。基本的には貴院の規定に従いますとしてください。そのうえで、どうしても外せない要望があればそれを記載しましょう。たとえば、夜勤はできないとか託児所の利用を希望するなどです。

希望条件にあれこれ要求を書いてしまうと、権利ばかりを主張しすぎるような人と受け止められかねません。どうしても外せない要望のみを記載しましょう。

年収アップを希望する場合は〇〇〇万以上などと記載しましょう。いくらでも良いと受け取られると内定がもらえても年収が下がってしまうかもしれません。ただし、相場や現在の年収を大幅に上回る希望を出す場合は、それなりのスキルや経験、入社後の活躍が求められるので相当の自信がない限りは、あまり大幅な年収アップを期待するようなことはやめましょう。入社後にあなたと職場のミスマッチが起こりかねません。

職務経歴書とは?

いままでどんな職場でどんな仕事をどのようにやってきたかを記載する書類です。履歴書の職歴欄ではありませんので、入社と配属、退社までの顛末を書くだけではNGです。職務経歴書はあなたのスキルや経験を存分にアピールするツールなのです。

ですから、職務経歴書は、院内でなにかで表彰されたことや業界や専門分野の何かのランキングで〇位を取ったなど、自慢できるようなことを記載しましょう。

特に輝かしい成績や自慢できる実績がなかったとしたら、どのように業務に取り組んだのか、どのような改善や努力を行ったのかを記載して、あなたがいかにまじめにそして感謝さんや職場のために働いてきたのかを表現しましょう。

まとめ

いかがでしたか?上記のことは看護師の転職に限らないことですが、履歴書と職務経歴書は非常に重要な選考書類です。書類選考で落とされず、面接にこぎつけるには、他に応募しているライバルに勝たないといけません。

あなたのことを一番よく知っているのはあなたですし、あなたのことを存分にアピールできるのはあなたしかいないのです。自分のことをしっかりと振り返り、自己分析をして、しっかりした履歴書と職務経歴書を作成しましょう。

看護師の転職には看護師転職サイトが便利です。履歴書や職務経歴書を作成したり、その情報を使って求人に応募することもできたります。看護師転職サイトは登録も利用も無料です。いろいろな看護師転職サイトがあり、それぞれのサイトにしか求人が出てこない場合がありますので、たくさんの情報の中から自分にあった転職先を探すためにも、いくつかの看護師転職サイトに登録する方が良いでしょう。

看護師転職サイトへはこのサイトに貼ってあるバナーからいけますので、いろいろな看護師転職サイトを見比べてみましょう!

オススメの記事

お知らせ



看護師の仕事とは?(スタディサプリ進路)


看護師を目指す学校を探す(スタディサプリ進路)



スポンサーサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

看護学校営業マン

看護学校の営業を経験して、看護師や看護学校の素晴らしさを知りました。大変な仕事ではありますが、看護師を目指す方、看護師として頑張る方を応援しています。 写真は小2の娘です。

-看護師転職

Copyright© 看護学校の紹介や看護師の転職情報を紹介 , 2020 All Rights Reserved.