専門学校、大学短大の資料請求がカンタン

看護学校って無料で看護師になれるって知ってますか?【奨学金や修学資金のあれこれ】

学費

看護師って国家資格だし、永久ライセンスだし、お給料も高いので、看護師になるには相当お金がかかると思いきや、実は無料で看護師になれるって知っていましたか?

厳密に言えば、まったくお金がかからないわけではありませんが、条件により看護学校の学費が実質無償(奨学金の返済が免除)になる制度があるんですね。

憧れの看護師に、実質無料で?

なんだか怪しげですよね。。。

でも、これって看護学校では一般的な制度となっていまして、毎年たくさんの人が実質無料で看護師になっているのです。

看護師として卒業後に一定の期間、指定された病院で勤務すると奨学金の返済が免除になる

看護師

なんと看護師には、卒業後に一定期間、看護師として指定された病院で勤務をすると、借りていた奨学金の返済が免除になる制度があるんです。

この制度は、県や市区町村、病院が用意している制度で、怪しいものでも詐欺まがいの情報でもありません。

修学資金貸付制度、あるいは病院奨学金という制度になります。

県や市区町村、病院の指定条件、借りた奨学金の金額にもよりますが、3年から5年の看護師としての勤務を、指定された病院で行うことで、借りていた奨学金が免除になります。

在学中は県や市区町村、病院から看護学校に授業料が支払われます。

ですから、在学中に学費を負担することはありません。

教科書や実習費、模擬試験代金、国家試験受験料、生活費、就職活動に必要な資金などは自分で用意する必要がありますが、一番大きな出費である学費の支払いから開放されるのは本当にありがたい制度です。

修学資金貸付制度とは?

県や市区町村が学費を貸し付ける制度です。学費は県が肩代わりしてくれますので、在学中に自己負担で学費を支払う必要がありません。

借りた学費は、卒業後に県内の病院に一定期間勤務することで、返済が免除される制度です。

看護師になるために必要な学費は安いところでも100万円近くかかります。

その負担をすることなく、看護師を目指せるというのは、とてもメリットが大きいことですね。

ただし、あくまでも学費は借りたもの。卒業後に看護師としての一定期間の勤務ができない場合には、借りていた学費は返済する必要があります。給付されたわけではなく、返済義務があるという点について承知しておいてください。

病院奨学金とは?

看護学校と提携している病院が出してくれる奨学金です。

看護師として卒業後に、一定期間看護師として奨学金を借りた病院で勤務をすれば、借りていた奨学金が免除になります。

借りられる奨学金や返済に必要な勤務期間は、病院奨学金により異なります。

注意点としては、あくまでも返済義務のある奨学金なので、借りた病院での一定期間の看護師としての勤務ができなかった場合は返済が必要です。

また、卒業後に違う病院に転職したいと思っても、奨学金を借りた病院で勤務を続ける必要が出てきます。

とにかく学費の負担を減らして、まずは看護師になることを優先したいという人には、病院奨学金もオススメです。

できるだけ学費を負担せずに社会に出ることは大きなメリットです

看護師

できるだけ学費を負担せずに社会に出ることは大きなメリットです。非常に大きなメリットです。

仮に3年の看護学校を300万円の学費を支払って卒業したとします。

社会に出た時点で、すでに300万円を支払ったマイナスからのスタートになります。

300万円を働いて取り戻すことができてから、やっとあなたの収入がプラスになるのです。

300万円を取り戻すには、生活費を省いた貯金に換算したら、看護師といえど数年はかかることでしょう。

でも、学費の負担を減らして実質無料で看護になれれば、最初の給料をもらった時点からすでにプラスで推移します。

厳密には3年から5年の看護師としての勤務が必要なので、最初の給料をもらってもプラスとは言い切れませんが、自分の貯金はできるし、どうせ看護師として働くのであれば、学費の返済を心配する必要がありません。

学費は高いものです。保護者や自分の負担も大きくなります。

看護師としてずっと働きたい、とにかくお金をかけずに看護師になりたいと覚悟できるなら、こうした返済が免除になる制度を利用してみましょう。

修学資金貸付や病院奨学金の対象となる学校って決まっているの?

基本的には看護師を目指す学校であれば、何らかの制度が受けられます。県や市区町村、病院では不足する看護師の要請に力を入れています。

ですから、県や市区町村、病院で働いてくれる看護師を育成するために、看護師養成校に対してこの制度を開放しているからです。

どのような条件で、どのような制度が利用できるのか、細かい情報は学校により異なります。

まずは各学校の資料を取り寄せて、学費の情報を確認してみましょう。

以下の学校はリクルートのスタディサプリで資料請求ができる学校です。

いろんな学校の資料を取り寄せて、学費や利用できる修学資金貸付や病院奨学金の制度を確認してみましょう。

この制度についての細かい確認は、進学を希望する学校の進路相談会やオープンキャンパスに行ったときにも確認することができます。

まずは資料を取り寄せて、いろんな学校を比較検討してみましょう!

まとめ 看護学校って無料で看護師になれるって知ってますか?【奨学金や修学資金のあれこれ】

看護師

いかがでしたか?看護師は無料で目指すこともできます。

細かい条件もあり、学費の高い学校によっては無料にならない場合もあります。

県や病院の貸付条件を確認する必要がありますが、自分が行きたい看護学校で学費の相談をすることができます。

ただ、そのまえに予備知識として学校のパンフレットを取り寄せて確認しておきましょう。

看護学校のパンフレットは、スタディサプリ進路でも取り寄せ可能です。

下記のバナーより希望の学校を探して、資料請求してみましょう。看護師を目指す大学もいっぱい掲載されていますよ。

オススメの記事

お知らせ



看護師の仕事とは?(スタディサプリ進路)


看護師を目指す学校を探す(スタディサプリ進路)



スポンサーサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

看護学校営業マン

看護学校の営業を経験して、看護師や看護学校の素晴らしさを知りました。大変な仕事ではありますが、看護師を目指す方、看護師として頑張る方を応援しています。 写真は小2の娘です。

-看護専門学校・看護系大学

Copyright© 看護学校の紹介や看護師の転職情報を紹介 , 2020 All Rights Reserved.