看護師ってどんな人が向いているの?現役看護師が語る看護師に向いている人の特徴6選

2021年10月3日

看護師に向いている人
看護学校営業マン
看護師の方に『看護師ってどんな人が向いているの?』という記事を書いていただきました。看護師になりたいけど迷っていたり、進路選びに悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にしてください!

こんにちは!看護師2年目、23才のあんずです!

さて、お給料が高くて、安定していると人気の職業である看護師。看護師になってみたいと考える高校生も多いのではないでしょうか?

実は私、看護師として働き始めてもう1年半になるのに、いまだ採血の血が怖いです…泣

わたしって看護師向いていないのかな…?泣

そんな看護師2年目のあんずが看護師に向いている人の特徴6選をご紹介します!

看護師になろうか迷っている高校生のみなさん!ぜひ最後まで読んで、「自分は看護師に向いているのか?」考えてみてくださいね!

看護師に向いている人の特徴6選

看護師に向いている人の特徴6選

看護師に向いている人の特徴をまとめました!

  1. 人が好きな人
  2. 責任感がある人
  3. 好奇心旺盛な人
  4. 血が怖くない人
  5. 体力がある人
  6. 細かなルールを守れる人

それぞれを詳しく解説していきます!

看護師に向いている人の特徴①「人が好きな人」

なぜなら、看護師は基本的に人と関わる職業だからです。

たとえば、1日病棟で働くだけでも看護師が関わる人はこんなにいます。

●受け持ち患者さん

●受け持ち患者さんの主治医

●リハビリスタッフ

●看護師の同僚

●栄養士さん

●事務員さん

●患者さんの家族

などなど

実は、ここにも書ききれないぐらいのスタッフと関わっているんですよ。

看護師って、色んな人と関わる職業なんですね。

また、病気でさまざまな思いを抱える患者さんの、気持ちを一番近くで聞く必要がある仕事でもあります。

だからこそ、患者さんの心に寄り添える看護師になるためにも、看護師向いている人というのは「人が好きだ」と思えるということが大切です。

看護師に向いている人の特徴②「責任感がある人」

なぜなら、看護師は重い責任を伴う仕事だからです。

看護師の主な仕事として、

●点滴投与

●内服薬の投与

があります。

どれも、正確に行えば患者さんの命を助けたり、元気にすることが出来る素晴らしい仕事です。

しかし、一歩間違えると(薬の量や投与時間など)患者さんの状態が悪化したり命の危険にさらしてしまう行為です。

だからこそ、看護師に向いている人は、患者さんに危険な行為をしているという自覚と、強い責任感を持つ人と言えます。

看護師に向いている人の特徴③「好奇心旺盛な人」

なぜなら、看護師の仕事ってみなさんが思っているよりずっと広くて、終わりがないものだからです。

看護師の仕事の1つとして、看護師保健師助産師には、

「療養上の世話」

と記載されています!

これは、どのような意味を指すのかというと、看護師の仕事は「患者さんのお世話全部!」と言うことになります!

たとえば、実際にわたしの勤務する病棟では、

●20代で入院した患者さん。急に入院となり元気が出ない様子→推しのアイドルのDVDを見る時間を作り、推しについて共に語り合う

●寝たきりになった認知症のおばあちゃんに少しでも運動してもらうために、一緒にカラオケをする。

●寝たきりの患者さんに、少しでもリラックスしてもらうためにマッサージや、アロマオイルを使用した足湯をする。

なんてことまでしていました。

看護師って、治療をサポートする人であり、患者さんの心をケアする人であり、家族みたいなものなんですよね。

このことからも、看護師に向いている人というのは、患者さん自信に、興味関心を持つことが出来る「好奇心旺盛な人」と言えます!

看護師に向いている人の特徴④「血が怖くない人」

なぜなら、看護師って普通の人に比べて何十倍も血に関わる仕事だからです。

たとえば、

●採血

●点滴

●傷からの出血

などなど

だから、血が怖いなんて言っていると仕事にならないので、看護師に向いている人は「血が怖くない人」と言えます!

しかし、わたしは血がいまだに怖いです。採血で取った少し暗い赤色を見るとゾッとしてしまいます…。

けど、忙しいと、怖いなんて言ってる時間もなくなって、血に怖さを感じなくなったりもします。

だから、血が怖くない人が看護師に向いているけど、血が怖くても大丈夫です!働いてみると、なんとかやっていけるのものです。それに、看護師は仕事の幅が広いので血をまったく扱わない職場だっていくらでもあります。たとえば、脱毛サロンとか老人ホームとか、精神科とか…!

高校生のみなさん!看護師になりたいなら、血は怖くない方がいいけど、血が怖くても、なんとかなりますよ!だから、それだけで、看護師をあきらめないでくださいね!

看護師に向いている人の特徴⑤ 「体力がある人」

なぜなら、看護師って思った以上に体力仕事だからです。

たとえば、

●基本立ち仕事!

●体位交換(寝返りのお手伝い)は、めっちゃ腕の筋肉を使う!

●車椅子の患者さんをベッドから車椅子に移動させるお手伝いをするときは腰と手をめっちゃ使う!

というように立ちながら身体を使う仕事が多いです!

そのことからも、看護師に向いている人というのは「体力がある人」と言えますね。

看護師に向いている人の特徴⑥「細かなルールを守れる人」

なぜなら、看護師の仕事は細かなルールを守ることにより成り立っているからです。

たとえば、

●点滴投与のとき、点滴の投与時間、投与方法、患者さんの名前が間違っていないか確認するいうルールを守る→点滴の間違いを予防することにつながる

●患者さんに触れた後は必ず手洗いするというルールを守る→感染予防になる

●ルールに沿って、手術に患者さんを送り出す

→手術時のミスを防ぐ

などなど

看護師は、ルールを守ることで安全に医療を行えるようにしているんですね!

だからこそ、看護師に向いている人は細かなルールを守れる人と言えます!

自分は看護師向いていないかも・・・と不安に思った方へ!

自分は看護師向いてないなあって思った方へ!

ここまで、看護師に向いている人の特徴を挙げてきました。

この記事を読んでみて、

「自分は、看護師に向いている人の特徴にあてはまってなかった…」

「自分は看護師に向いていないのかな…」

と思ったみなさん。安心してください!

看護師に向いている人の特徴に当てはまらなくても看護師になることは可能です!

実際にわたし自身も、

●人が苦手

●好奇心がほとんどない

●血が怖い

●体力がない

なんて状態で看護師になりましたが、次第に人に慣れ、好奇心が生まれ、体力もついてきました!

まだ、血は怖いのは治んないけど泣

看護師の仕事は、やってみると案外慣れてどうにかなるものです。

もし、みなさんが、看護師になりたいと少しでも思う気持ちがあるなら、自分は向いてないとあきらめるのではなく、チャレンジしてみてくださいね!

まとめ 看護師に向いている人の特徴6選

まとめ 看護師に向いている人の特徴6選

看護師ってどんな人が向いているの?現役看護師が語る看護師に向いている人の特徴6選について解説しました。

看護師に向いている人は、

  1. 人が好きな人
  2. 責任感がある人
  3. 好奇心旺盛な人
  4. 血が怖くない人
  5. 体力がある人
  6. 細かなルールを守れる人

以上のような特徴が挙げられます!

①〜⑥の中の項目に

5個以上に当てはまっていた人ぜひ、看護師になってください!あなたは看護師にとても向いています!

2〜4個当てはまっていたあなた!あなたは、看護師に向いている傾向があります!

当てはまるものが1個以下だったあなたは、残念ながら看護師に向いていないのかもしれません。

しかし、看護師はやっていたら慣れる仕事です。なので、なったらどうにかなります!看護師になりたい気持ちがあるならぜひ、挑戦してみてくださいね!

「看護師ってどんな人が向いているの?現役看護師が語る看護師に向いている人の特徴6選」は、いかがだったでしょうか?

この記事が、看護師になりたいと考える高校生の参考になっていたらうれしいです!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

おすすめ記事

お知らせ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あんず

看護専門学校卒業→総合病院の脳外科病棟1年半勤務→現在、看護師のバイトをしながら転職活動中です! 看護師2年目なりに、考えたことや感じたことを、分かりやすく発信していければと思います♩

-看護専門学校・看護系大学

Copyright© 看護学校や看護師の転職情報を紹介 , 2021 All Rights Reserved.